現代のガチャガチャ

スマートフォンのソーシャルゲームというものを皆様はご存知でしょうか。
元々は、ソーシャルネットワークサービス(SNS)というWeb上のコミュニケーションの場で提供されていたゲームのことで、現在では各アプリストアなどからダウンロードして遊ぶような独立したものもソーシャルゲームとされています。
さて、そんなソーシャルゲームですが、一時期ある問題が社会現象となりました。
ソーシャルゲーム内のガチャと呼ばれる課金制度です。
このガチャとは、一定確率の抽選が行われ、それに応じたゲーム内キャラクターやアイテムが手に入る、というものなのですが、その確立というものは排出物のレアリティに応じて低くなっていきます。
当然レアリティが高いものの方がゲーム内で有用なものになるので、ガチャガチャをする際には誰しも高レアリティのものを欲しがります。
ですが、ガチャをするにはゲーム内での通貨のようなものが必要になってくるのです。
しかもこの通貨の入手方法は課金することが最短の入手方法になっています。
それによって、ゲーム内で大量に課金し、通貨を手に入れてガチャを行う。
結果が悪ければまた課金をして、といったループに陥って、クレジットカードを破産させてしまう人が続出したり、親のクレジットカードに手を出してしまう子供が出てきてしまう事態になったのです。

そんなソーシャルゲームにおけるガチャですが、何故なくなることなく今もほとんどすべてのソーシャルゲームに導入されているのでしょうか。
その理由などを詳しく解説していきます。
節度を守って楽しめば万人が楽しめるのが、ソーシャルゲームです。
何事にも言えることですが、熱中しすぎには注意しましょう。

Copyright © 2014 スマホのソーシャルゲームでのガチャガチャ All Rights Reserved.